姿勢による腰痛①

体の使い方で痛みのでる

場所が変わってきます。

痛みをとるための

筋肉の鍛え方も変わってきます。

 

今回はデスクワークや

前かがみが多いとなりやすい

腰痛についてです。

 

体を曲げる姿勢、

例えば長時間座っている

前かがみの作業が多いなど

 

日常よくある姿勢です。

 

この場合、体を曲げているので

体を伸ばそうとすると

腰が痛くなります。

 

つまり、曲げていると

伸ばす筋肉が硬くなり

曲げる筋肉はサボっています。

 

関節は伸ばす筋肉と

曲げる筋肉のバランスが

整っていると安定します。

 

今回の伸ばすと腰が痛いときは

伸ばす筋肉を緩めるより

曲げる筋肉を鍛えた方が

痛みに対して有効です。

 

そして、この時に鍛えてほしいのは

太ももの裏の筋肉と

お腹の中の筋肉。

しっかり鍛えましょう。

 

バランスが良くなれば

痛みは改善していきます。