いつの間にか付いている「脂肪」原因は・・・。

今回は腰回りのお肉がつく原因です。

 

1. 運動不足

 運動不足が続くと筋肉が使用されず、

 腰回りがたるんで見えるようになります。 

 さらに、筋肉量が減少すると 基礎代謝も低下し、

太りやすい体質に。

 

  2. 食生活の乱れ

 食生活の乱れも関係しています。

 バランスの悪い食事や過度の飲酒は、

 脂肪の蓄積を招きます。

 特にアルコールは高カロリーで、

 そのエネルギーを消費しきれずに 

体に脂肪として蓄えられがちです。

   3. 姿勢の悪さ

 猫背などの悪い姿勢は腹部の筋力低下を招き、

 より腰回りの肉が目立つ原因となります。

 正しい姿勢を心がけることで、

 見た目の改善だけでなく基礎代謝も向上します。

 

   男性に比べ女性は下半身に

脂肪がつきやすい体質を持っています。

一度ついた皮下脂肪は 落ちにくいため、

早めの対策が重要です。

 

付いてしまった皮下脂肪はストレッチで

無くしていくことをおすすめします。

  腰回りの柔軟性を高めるストレッチは、

血流を良くし、脂肪燃焼を促します。

 

  簡単なお腹のストレッチから始め、

徐々に日常に取り入れてみてください。

 

早く解消したいならば

やはり筋肉運動です。

 

腰周りの筋肉を鍛えることで

血行が良くなり、体のバランスを整え

動きやすくなります。

 

そうすれば基礎代謝が良くなり

だんだん引き締まった体へと

変わっていきます。

IMK Books 参考