頭痛が引き起こす「脳過敏症」日常生活にも支障が出ます。

脳過敏症の原因の一つが頭痛ですが、

頭痛と言っても色々な原因が有ります。

慢性的な頭痛に悩まされている人は

日本の人口(成人)の約40%にもなっています。

最近は、小学生や中学生にも多くなってきています。

 

慢性的な頭痛を長く抱えていると

個人差は有りますが、痛みは脳で感じる為

脳の興奮状態が続き、脳が過敏になってしまいます。

この状態が「脳過敏症」です。

 

脳過敏症になってしまうと、

痛みの他にも、光、匂い、音などにも敏感になり、

その為、物事に集中できずイライラしたり、

めまいやふらつき、動悸など様々な症状を引き起こしてします。

こうなると、勉強や仕事、人間関係にまで影響してしまいます。

 

そうなる前に、頭痛は早めに対処しましょう。

深刻な頭痛はきちんと治療しましょう。

頭痛も薬に頼らず、体のバランスや頭蓋の治療でも良くなるケースは多いです。

自分でも頭痛になりそうな時に、明かりを消して安静にしてみて下さい。

他にもテレビやスマホ、パソコンなどの長時間の使用は

脳を過敏にしてしまうので気をつけましょう。

 

脳が過敏、敏感と言う事は、脳の働きも良く

情報処理が速いと言う事ですが

過ぎるとリスクが大きいです。

上手くコントロールして下さい!