頭痛、肩こりの原因は「目の疲れ」にもあった。

「目の疲れ」それだけが頭痛、肩こりの原因とはなりませんが、

現代、スマホやパソコン、テレビやゲーム、本の読み過ぎなど、

目が疲れる要因が溢れています。疲れ目になって当然といえる環境です。

目が疲れて視力低下はもちろん、放っておくと頭痛、肩こり、自律神経の乱れ

になり、体調不良を引き起こします。

物を見ると言う事は、目の周りの筋肉を複雑に伸縮させて眼球にある水晶体の

厚さを調節して、見る物に焦点を合わせています。

長時間、一定の距離に視点を合わせていると目の周りの筋肉は

硬直状態が続き血行が悪くなり、凝り固まってしまいます。

私たちは、同じ姿勢を長くしていると首や肩が凝るのと同じ様に目も凝るのです。

つまり、「疲れ目」は目の凝りです。

凝りをほぐせば、視力回復、頭痛や肩こりの解消につながるはずです。

次回は、簡単に楽しく目の凝りをほぐすやり方を紹介します!