頭痛、肩こり、腰痛・・・その原因は靴?

新しい靴を履いて、靴擦れを起こした。

たまにしか履かない靴は疲れる。

などの経験のある方、靴が合っていません。

靴選びは、体の痛み、コリ、姿勢に大きく影響します。

 

足に合わない靴は、魚の目、タコ、足の変形などの原因になります。

出来るだけ足にフィットした靴を選びたいものです。

 

自分の足のサイズを把握する。

足の長さ、幅、太さ目安です、

メーカーによってサイズのばらつきがあります

必ず試し履きをしましょう。

 

履き心地の良く、楽なものを選ぶ。

足が靴の中で遊んでしまう、

逆に圧迫感が強い、どこかが当たるのはダメです。

インソール(中敷き)を入れたいときは

お店で借りて履き心地をチェックしましょう。

そしてバランスシューズなどの特殊形状はお勧めしません。

 

靴の購入はなるべく午後にして下さい。

足はむくみやすいので、

朝より夕方のほうが0.5~1cmくらい大きくなります。

朝に購入した靴は長時間履く靴には向きません。

 

そして、できれば紐靴にして下さい。

靴を履いて爪先を上げ、踵をしっかり合わせて下さい。

その時に爪先に0.5~1cmくらいの余裕のあるもの、

履くときは、毎回紐を締め直してください。

 

足の歪みは全身に及びます、

靴がなかなか合わなければインソールで調整します。

当院のインソールはただ隙間を埋めるだけではなく、

足の機能を取り戻し向上させるための物です。

 

是非お試しください。

日常生活で靴が体に与える影響はとても大きです。

足に合った靴を見つけて下さい。

インソール