靴底の減り方で体の使い方が分かります。靴の裏も必ずチェックしましょう。

歩き方や立ち方で靴にかかる負担は人それぞれです。

特に歩き方で靴底の減り方はほとんど決まります。

人それぞれ足の傾き、捻じれ、力の入る場所は違うので

靴底の減り方も特徴がでます。

 

靴底の外側が減るタイプの人は多いです。

このタイプの人は足の指が上手く使えておらず、

下肢の外側が硬くなり、内側の筋肉は弱いです。

そして小股であまり筋肉を使わないでつまずき易い人です。

 

踵の後ろが全体的に減っている人は

大股で歩きしっかり筋肉をつかえています。

 

爪先の内側(親指側)が減っている人は

運動神経が良いでしょう。

 

爪先の外側(小指側)が減っている人は

爪先が上手く上がっておらず、足をずっています。

 

あなたはどうでしょう?

ちょっとチェックしてみましょう。

体のクセが分かれば直し方が分かります!