除夜の鐘と身体の関係・・・?

令和になって最初の大晦日。

大晦日と言えば・・・除夜の鐘だと思い

この鐘が身体に与える影響についての

考察です。(科学的証明は無いので持論です。)

 

除夜の鐘は人の108個の煩悩を払うためのものとされていますが、

なぜ払うことが出来るのでしょうか?払われているのでしょうか?

 

ヒントは音、周波数だと思います。

地球上の物にはすべて波動(振動)があります。

波動=周波数、空気を振動させ伝える波の事です。

人の体は、いくつもの固有の周波数を持っています。

例えば心臓は40.0Hz、肝臓は56.0Hz、肺は72.0Hz・・・などです。

この周波数が乱れると不調をきたし病気になります。

 

乱れた周波数を整えるには、整えたい周波数を与えればいいのです。

胃の調子が悪ければ20.5Hz、切り傷や擦り傷の皮膚の症状なら4.5Hz、

肉体的な健康を得たければ8.0Hzということです。

そして、人の心(喜怒哀楽などの感情)にも周波数があります。

 

除夜の鐘は音の響きが複雑で複数の音が混じりあっています。

つまり鐘を突く事で複数の周波数を出しています。

鐘の音を聞くことで、

心と体の周波数を整えられているのではないのでしょうか。

多くの煩悩を払うと言うよりは、

心と体をチューニング!

健康な体で新年を迎えましょう。