転ばない為の靴選び。あなたの靴は大丈夫?見直しましょう。

靴は体を支えるのに重要な部分になります。

靴の裏を見てあまりにもすり減っているのは

交換のサインです。

すり減っている靴を履いていると

余分な緊張が続き疲労が早いだけではは無く

体のバランスが悪くなり歪みの原因になります。

 

さて、つまずきにくい靴はどんなものか?

まず靴を置いた時に爪先が少し上がっているもの

踵のクッションが良いもの、中敷きがあるもの、

紐またはマジックテープでしっかり足を支えられるものです。

 

合わない靴を履いていると

膝、腰、肩までも痛みが出てきます。

なかなか治らない痛みは靴を見直してみましょう。

そこに原因があるかもしれません。

 

毎日履く靴は、体を支えるためにとても重要になりなす。

土台がぶれれば体は必ず歪みます。

歪みは痛みの原因だけではなく、

内臓の機能低下、自律神経までも影響します。

 

愛着がある靴は中敷きで調整しましょう。

体の不調が出る前に確認してください。