足がだるい、むくむ、つりやすい、もしかして下肢静脈瘤かも。

「静脈瘤」と言う言葉は、聞いたことがあると思います。

下肢の皮膚表面に血管がボコボコ浮き出たり

ミミズがはっているようだったり

蜘蛛の巣状に血管が広がって見えたりしています。

 

動脈は心臓から血液を送る道です。

そして静脈は血液を心臓に戻す道です。

 

静脈には逆流を防ぐ弁がついています。

しかし、その弁が何らかの原因で機能しなくなり血液が逆流し

静脈不全を起こし、それが慢性化すると静脈瘤にまります。

この静脈の弁は一度壊れると元には戻りません。

 

静脈瘤の原因は、おもに立ち仕事、加齢、肥満

そして、妊娠中、産後に多いと言われいます。

 

静脈瘤になってしまったらそれ以上悪化させない様に

弾性のストッキングや加圧のサポーターを日中つける。

対症療法になります。

症状が強ければレーザーで焼くのがお勧めです。

 

しかし、まずは予防!

筋肉をつけましょう。

大股歩き、階段の上り下り、

踵上げ(背伸び)をして

ふくらはぎを鍛えて下さい。

 

食事も大切。

下肢静脈瘤によるむくみにはポリフェノールが良いです。

食物繊維を多く摂りましょう。

皮膚や血管を柔らかくするには

赤唐辛子、ニンニク、たまねぎが有効です。

 

酷くなる前に予防して下さい。