良い筋肉をつけるには○○○をしっかり摂ろう。

運動してもなかなか筋肉がつかない。

そんな時は食事を見直して下さい。

もしかしたら食事に原因があるかも。

 

運動後の筋肉を修復させるには

タンパク質とビタミンは欠かせません。

 

せっかく運動しても筋肉を作る材料が

体に無くては筋肉はつきません。

 

筋肉をつけるには運動後のタンパク質が必要です。

出来るなら運動後の1時間がゴールデンタイムです。

この時に良質のタンパク質が摂れればとても良いです。

 

だからアスリートの方は簡単に摂取出来るプロテインを使います。

 

しかし、誰でも普段から食事に気をつければ

上手く筋肉にをつけられます。

 

普段から良質なタンパク質とビタミン、ミネラルをとりましょう。

 

では、何を食べればいいのでしょうか。

 

良いタンパク質が多いのは

鶏のささみ、豚や牛のもも肉、まぐろの赤身などですが

吸収率を良くするにはビタミンB6、ビタミンC

を一緒にとることです。

 

また、食べ合わせが大切で

食材の欠点やたりない所を補います。

例えば、肉とニンニクかカブの葉、

豆腐とワカメ、納豆とネギなどです。

 

特に朝食時や運動後に摂取したいのですが

とりあえず、こまめに取る事が良いでしょう。

 

そして、筋肉をつけたいところを意識して

動かすと効率よく筋肉はつきます。

 

気になるようなら実践してみましょう。