肩甲骨(けんこうこつ)動きが悪いと肩こりになるだけでは有りません。

肩甲骨はがし、と言う文字や言葉を見たり聞いたことが有ると思います。

肩甲骨の動きが悪いと言う事は、背中の張り、肩こり、

悪化すると頭痛、めまい、自律神経の働きまで不調をきたしてしまいます。

そして、肩甲骨は腰痛の原因にもなる事が多いです。

 

肩甲骨周りが硬く動きが悪く間れば体は伸びづらくなり、

自然と丸まり肩こりになっていきます。

そうなると、バランスを取るために腰も丸まり膝も曲がってしまいます。

それが原因で腰痛や膝の痛みが出ている事は、良くあります。

 

肩甲骨を動かすためには、

手を体の後ろで両手を合わせて握って下さい。

肘を伸ばしたまま上にあげ、顔も上を向いて深呼吸。

ゆっくり戻して、次に大きく万歳します。

これを何回か繰り返していくと肩甲骨のストレッチになります。

他にも色々あります、自分に合ったストレッチを見つけて続けて下さい。