第二の心臓「ふくらはぎ」大切な筋肉のポンプです。

心臓がポンプの役割をして血液を全身に送っています。

送られた血液はどうやって戻るのでしょう?

それは、筋肉の収縮によって戻されるのです。

その時に一番頑張ているのが「ふくらはぎ」です。

 

私たちは常に地球の重力と戦っています。

その為に体の体液は下方(足の方)に溜まります。

だから足は、むくみやすくだるくなりやすいのです。

 

その溜まった体液(血液やリンパ液)を心臓に戻すために

ふくらはぎは常に頑張っています。

頑張り過ぎるとふくらはぎがつったり

静脈瘤が出来てしまいます。

 

そうなる前にふくらはぎをケアーしましょう。

強いマッサージはいりません。

皮膚を擦る様に下から上、

心臓に向かって擦りあげてみましょう。

これも続ける事が大切。

 

下腿のマッサージは足の裏の感覚を敏感にします。

するとしっかり立てる様になり

ふらつき、つまずきの防止にもなります。