知ってるようで、よく分からない「自律神経」②

原因不明の慢性的な体の痛み。

検査しても異常なし、

色々な所で見てもらっても

なかなか改善せず日に日に悪化。

 

最近は、これらの原因はストレスと言われています。

 

なぜか?

それは、ストレスで体の緊張が続いていると

交感神経が常に働いてしまい

血管が収縮し筋肉が硬くこわばってしまいます。

その為、筋肉や関節にも負担がかかり痛みが出現します。

 

頭痛、肩こり、腰痛、内臓疾患まで引き起こしてしまいます。

 

交感神経と副交感神経のバランスを整える事で

自律神経が安定して痛みの改善に繋がる事は多いです。

 

交感神経と副交感神経のスイッチの切り替えが

上手くいかなくなるのは、男性は30代、女性は40代

というデータがあります。

 

その前から食事、睡眠、深呼吸、

そして規則正しい生活を心がけましょう。