皮膚を整える事で健康が維持できる。

健康維持や健康改善には

皮膚からの情報に耳を傾けてもらいたい。

現代は情報過多により

情報を処理するのに脳は常に働いている為

本来持っている五感がだんだん鈍くなってきています。

五感が鈍くなると身体機能は低下してしまいます。

 

そうなると本当に自分に必要なものが分からなくなり

良いと言われれば必要以上に求めたり

悪いと言われればすべて取り除いてしまい

本質を見落としてしまいがちになっています。

 

そこで今回は五感の中でも第三の脳と呼ばれる

皮膚の感覚(触覚)からの健康維持です。

 

「鳥肌が立つ」とか「肌に合わない」と言う言葉がありますが

これは体を守るための感覚的防御です。

体に合わないと蕁麻疹が出たり寒気がしたりします、

この感覚は強く出れば誰でも分かりますが

色々な場面で体は少しですが反応しています。

こういう感覚を敏感にキャッチしていくと

自分に何が必要で、何が不必要なのかが分かる様になるはずです。

 

皮膚は、触覚、圧覚、痛覚、温冷覚などの他に

光や音(振動)、色までも識別しています。

 

この感覚を大切に意識することで

本当に必要な物を見極められると

体の機能も回復して病気から遠ざかる事が出来ます。

体は何でも知っています。

頭でっかちになってしまうと感覚は鈍ります。

考える前に体の感覚に耳を傾けてみましょう。