熱中症対策「出来る事は何でもしよう!」

熱中症は四つのタイプが有ります。

熱失神・・・脳への血行が悪くなり、めまい、冷や汗、一過性の意識障害など。

熱痙攣・・・塩分濃度の低下により、手足や腹筋の痙攣、全身の筋肉痛、足がつるなど。

熱疲労・・・汗をかいた後に水分補給ができず、倦怠感、頭痛、吐き気、嘔吐など。

熱射病・・・脱水症状が悪化し体温調節がうまくいかない状態。

      汗をかけず、体温が上がってしまう、意識障害、臓器の機能障害など。

      危険な状態、疑いがあれば救急車を呼んで下さい。

上記で、少しでも気になる症状が当てはまったら、

まず、休息、水分補給、体を冷やす。

水、スポーツドリンク、塩分などをゆっくりとる。

風通しの良い所で、横になり衣服を緩め、手足を心臓より高くして下さい。

そして、水で濡らしたタオルなどを体に当てて冷やして下さい。

また、なによりも熱中症にならない体作りです。

規則正しい生活はもちろん、食事も大切。

朝、一杯の味噌汁が私たちの一日を助けてくれます。

熱中症対策食べ物ランキングでは、1位は豚肉、2位:納豆、3位:モロヘイヤ 

続いて枝豆、梅干し、にんにく、となっています。

フルーツでは、糖、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどがバランスよく入っている

キウイやスイカは、お勧めです。特にスイカは90%が水分、食べるスポーツドリンク!

最後に牛乳。

牛乳は熱中症を防ぐ強い味方です。

汗は、ほぼ血液と同じ成分なので、血液量を増やして体温を下げる働きをする牛乳は最適。

運動直後にコップ1杯の牛乳を試して下さい。

子供から高齢者まで、効果的です。

見栄えは良くないですがスイカ割でした。食べるスポーツドリンク!