気が付かないうちに酸欠になっているかもしれません。

いまだにテレワーク等で

大人も子供もパソコンに向かう時間が多くなっています。

さらに日常マスクを付けなくてはならず、

知らず知らずのうちに酸欠状態になっている人がいます。

 

パソコンで姿勢が悪くなり呼吸が浅くなりがちです。

マスクでも酸素量が減らされてしまいます。

 

慢性的に酸素量が減ってしまうと

脳が酸欠になってしまい、

朝起きるのがつらくなったり、集中力の低下や

学生では学習能力が下がってしまいます。

気が付くと無気力になっているかもしれません。

 

そこで姿勢を気にして大きく深呼吸、

気が付いたらやりましょう。

次にガムを噛むこともお勧めです。

ガムを噛むことで自然と鼻呼吸になり、

筋肉も動かすので血流も良くなり

脳が活性化して集中力を高めます。

ガムがダメなら硬い物を良く食べてください。