梅雨の時期にでる「体の痛みと不調」早めの対策がカギ ‼

これから始まる梅雨の時期、心と体に負担がかかる時です。

カビが発生しやすく、気管支の働きが悪くなります。

気圧の関係で、古傷が痛みだします。

湿度が高いので、訳の分からない不調や肩こり、頭痛。

洗濯が乾かない、太陽が出ない、外出しづらい、外で遊べない・・・などのストレス。

しかし、原因が分かれば対策が打てるはず。

梅雨の時期は気圧が下がり、耳にあるセンサーがそれを素早くキャッチします。

すると、体はいつもより多くのヒスタミンを分泌する事で、交感神経を刺激し痛の原因になります。

湿度が高いと、汗が出にくく代謝が下がってしまい、梅雨特有の不定愁訴になってしまいます。

だから、まず気圧に負けない身体づくり。

酸素カプセルは、気圧の変化に強くなり、酸素特有の抗菌性が体の菌の繁殖を防ぐと言う

報告があります。この時期に見えない力を発揮しています。

そして睡眠、目標は8時間。

次にバランスの良い食事、特にビタミン、ミネラルを多くとりましょう。

怠いからと休んでいないで、体を大きく動かしましょう。ラジオ体操で良いです。

汗をかきましょう。運動でもお風呂でもいいです。お勧めは温泉!

また規則正しい生活リズム、そして「負けまいぞ」と意識すること。つまり、プラス思考です。

全部じゃなくていいです。

こうすれば「梅雨に負けない」を一つでも、二つでも、持てば良いです。

今から始めましょう。

これで大丈夫ですが、最後はやっぱりこれでしょう。