梅雨に入ったこの時期、気が付かない内に「熱中症」になります。対策はこれ!

とうとう梅雨に入りました。

気温が高く湿度が高いと

体は汗をかきにくくなってしまいます。

汗が出ないと体の熱を外に放出できず、

体に熱がこもってしまい

いつの間にか熱中症にかかっていることがあります。

 

湿度が高いと汗をかいている様に感じますが

外気の水分で肌が湿るので

汗をかいたと勘違いしやすいです。

体も高温多湿に慣れていないので要注意です。

 

さて、今すべき「熱中症対策」は

もちろん水分補給、1日に1.5リットル~2.0リットル

喉が渇かなくともこまめに飲みましょう。

睡眠も大切です。

 

そして、汗をかく練習をしましょう。

汗が蒸発する事で体からの熱を取り除きます。

軽い運動で汗をかき体力もつけましょう。

(ノルディックウォークはお勧め)

お風呂もしっかり浸かって汗をかいてください。

半身浴でもいいですが20分以上浸かって汗をかきましょう。

熱いからシャワーで済ましては汗をかく事ができません。

汗が出れば体に熱がこもるのを防げます。