暑い夏のマスクは危険。感情も乏しくなってしまいます。

熱い時のマスクは脱水症状を起こしやすく

熱中症のリスクが上がる事は当然ですが

それ以外にも徐々に体の機能を低下させてしまいます。

 

以前マスクによる口呼吸を書きましたが

それ以外にも神経機能まで低下していきます。

 

マスクにより慢性的な酸素不足は

脳の働きが鈍くなり、うつ病やアルツハイマーの

発症率が上がっていきます。

 

そして、マスクは顔を覆う事で

「表情筋」顔を動かす筋肉が圧迫されて

筋肉の動きが制限されてしまいます。

表情筋は脳と密接な関係にあり

感情を表現するのにとても大切です。

その筋肉の動きが制限されると

感覚が鈍磨になり、運動機能まで落ちてしまいます。

感情表現が上手く出来なくなったり、

ちょとしたところでつまずいたり、ケガをしています。

 

そうならない様に出来るだけマスクを外す時間を作って下さい。

マスクを外した時は、顔の筋肉を大きく動かす様にしましょう。

そして、大きく深呼吸!