新型コロナウイルス対策「消毒」家庭での作り方

コロナウイルス感染拡大で色々なものが品薄状態になっています。

そこで今回は家庭で出来る消毒液の作り方を紹介します。

今、注目されているのが「塩素系除菌漂白剤」です。

「ハイタ―」や「ブリーチ」を薄めて使うものです。

これらを薄めて使う事により広く消毒につかえます。

これを「次亜塩素酸ナトリウム」といいます。

 

厚生省の資料から簡単な作り方を紹介します。

花王のハイタ―やキッチンハイタ―は

水1リトルにつき25ミリリトル(付属キャップ1杯)

カネヨブリーチやミツエイのブリーチは

水1リトルにつき10ミリリトル(付属キャップ半分)です。

人の粘膜や酸性物質との混合は禁忌です。

あくまでも物の消毒専用です。

使用する時にゴム手袋を使用すると安心です。

 

似ているものに次亜塩素酸水が有りますが。

これは、弱酸性で人にやさしく殺菌力は

次亜塩素酸ナトリュウムより高い殺菌性があります。