指先の痛み「へバーデン結節」自分でも簡単に治療できます。

いつの間にかおとずれる「へバーデン結節」。

痛みをとるには、その人の状態にもよりますが

赤く腫れて炎症が強ければ冷やして下さい。

使いすぎ、ホルモンバランス異常、いろいろ言われますが

まず、いまの状態を改善しましょう。

整形外科では、症状が強く出ていると変形して出てきた骨棘(ほねのとげ)を

取り除いたり、ヒアルロン酸などの注射による治療になると思います。

対症療法になりますが、お勧めは腫れていれば冷やす、

腫れが無ければ動きを止める。これにがぎります。

指先の負担を取り除いて下さい。

指先が変形を起こす時に、炎症を伴い痛みが出るのがふつうですが、

炎症も痛みもあまり出ないで、変形を起こすこともあるので、

たまには、自分の指先をチェクしましょう。

炎症や痛みが有ればもちろん、痛みが無くても早めの対処が

指先の変形を最小限にしてくれます。

指先の動きを止める方法は色々ありますが、専用の道具を使わなくても

紙テープを指先の変形の部分に巻いておけばいいです。

簡単で低コスト、指先は良く使うので汚れやすいですが

簡単に巻き替えられるのでお勧めです。

あまりきつく巻き過ぎると、うっ血や痛みになるのでほどほどに巻いて下さい。

手を使う時は、ササッと巻いてからにしましょう。

ただし、かぶれには注意して下さい。