慢性的な「肩こり」の人の共通点はここ。

肩こりタイプの人には、色々な共通点があります。

動作、姿勢、物事の考え方などで何故か共通点が多いです。

 

見た目で分かるのは姿勢です。

首は前方で肩や背中を丸くして

腰も丸まり気味、膝が真直ぐになりずらい。

 

そして、自然に立った時の手の位置を見て下さい。

慢性的な肩こりの強い人は、手の甲が前方に向いています。

こうなると、肩こり以外の症状も出てきます。

手の甲が前に向いていると言う事は、

肩は巻肩で、胸郭が狭く呼吸が浅いため

疲れやすく、集中力が無くなります。

そして酸素供給量が少ないので

脳をはじめ、各種の内臓や筋肉の機能が低下します。

 

もし、自然に立って手の甲が前を向いていたら要注意!