姿勢を正す抗重力筋。重力に勝にはセロトニンが重要!

姿勢を良くするには、体は重力と常に戦っています。

重力と戦い姿勢を維持する筋肉を抗重力筋と言います。

 

この筋肉は背筋を伸ばす首、背中、腰、下肢の筋肉、

表情をつくる顔の筋肉そして目を開ける筋肉、

口を閉じる筋肉、などを言います。

 

これらの筋肉を活性化させているのが

セロトニンと言う物質です。

 

セロトニンは人の感情や心のバランスまで

安定させる役割をしています。

 

体内のセロトニンは90%は小腸

血液中に8%、脳内に2%と言われます。

そして脳内にある、たった2%のセロトニンが

精神面に大きな役割を果たしています。

そして食欲、性欲、睡眠、学習、記憶、情動などの

中枢神経の働きに関わります。

 

セロトニンが活性化していれば

背筋も伸び、顔もイキイキしています。

しかし、不足がちだと不安で鬱状態になっていきます。

背筋を丸め、目は半眼、口を開けっ放しの状態です。

 

セロトニン不足の原因は多いです。

身体能力の衰え、ストレス、運動不足、睡眠不足

日光不足、無理なダイエット、電磁波など

それと腸内環境の悪化が原因に上げられています。

現代人の不規則な日常です。

 

さて、どうすればセロトニンを増やせるか?

 

それは、規則正しい生活です。

早寝早起き、太陽の日を浴びる、よく噛んで食べる、

軽い運動、身だしなみを整える、腸内環境を整える、

必須アミノ酸を取る(カツオ、マグロ、豆腐、チーズetc)

そして意識して姿勢を良くして抗重力筋をつかう。

後は継続です。頑張りましょう!