大股で歩く事が健康への近道。歩幅を広くしましょう。

歩幅が小さくチョコチョコ歩くと

筋肉の使い方が偏りバランスが悪くなります。

偏った筋肉の使い方は体の歪みの原因です。

 

大股で歩く事は沢山の筋肉が使われるので

歪み防止につながります。

 

それ以外にも、歩幅が広いと

しっかり踵を着くことが出来るので

骨に刺激が入り骨密度を高めてくれます。

 

そして、しっかり筋肉を使うので

血流も良くなり代謝が上がっていきます。

代謝が上がれば体温も上がり免疫も上がり

風邪もひきにくく、病気にもかかりにくくなります。

 

他にも、むくみ防止や酸素供給も増えます。

酸素供給量が増えれば内臓の機能も上がり

脳の機能も上がり集中力アップやボケ防止にまります。

 

歩幅を広く歩く事を意識する事で

こんなにも体に良い影響をもたらします。

やらないと損です。

今から大股で歩くのを意識してみましょう。