四十肩、五十肩ってなんでしょう? 老化の症状?

肩が痛い、もしかして四十肩、五十肩と頭に浮かぶ人が多いと思います。

それだけ普及している言葉ですが、医学用語では有りません。

本当は肩関節周囲炎と呼ばれています。

他にも、ぎっくり腰、寝違い、ばね指など俗語は沢山あります。

 

他の説明は、またにして四十肩、五十肩ですが

なぜそう呼ばれるか、それは40歳代、50歳代に多く発症するからです。

筋肉の低下やこわばり、運動不足などで

老化によるものとされていますが、

発症の原因は様々で、ぶつけた、捻ったなどの外傷の後

冷えや使いすぎの過労、なんとなく動きが悪い、引っかかるなどから

痛みだし、徐々に、または急激に痛みが増幅していきます。

 

痛み出すと肩関節の動き(可動域)が制限されて

手が上に挙がらない、後ろに回らないなど

日常生活に支障をきたします。

炎症が強く出ると夜間痛で眠れなかったり

安静時にも痛みが出て腕の置き場に困るほどです。

 

自分で出来る対処法は、炎症が有る時は冷やす。

炎症が無くなれば、温めて動かしていきます。

肩関節周囲炎は、関節包(肩を包む袋)が硬くなり

動きを制限してしまうので、ゆっくり大きく

痛みを少し感じるところまで動かす練習をします。

徐々に動きが大きくなっていきます。

 

簡単な運動は、振り子の運動。

立ったまま、体を斜め45度に前傾して

痛い方の手に500ミリのペットボトルを持ってだらんと下げたまま

振り子のように前後、左右に振ります。

その時に少し痛みを感じるくらい、ゆっくり大きく振りましょう。

 

治るまでに早い人で数か月、長いと数年かかります。

そのままにしてしまうと、

痛みは取れても手が上がらないと言う事にもなります。

何事も早期治療が回復の早道です。