呼吸が浅い人は緊張が強い。

呼吸が浅いと言う事は、体に取り込む酸素量が少ないと言う事になります。

体の酸素量が少なければ、内臓の機能は低下し免疫や治癒力も下がります。

そうなると、体の疲労が回復しづらく

筋肉は常に緊張している状態になってしまいます。

緊張状態が続いていると血流も悪くなり

今以上に酸素量が少ない状態になり脳の機能まで低下して

集中力や思考の働きも落ちてしまい、ウツやボケの原因にもなります。

こうなる前に呼吸は改善しましょう。

 

呼吸の仕方で色々な症状を改善できます。

血圧やストレスを改善したり、入眠や睡眠の質を上げたり、

脳の酸素量アップ、緊張性の肩こり改善、リラックス効果、

ウツ改善したという症例もあります。

 

腹式呼吸や等間隔呼吸、片鼻式呼吸法、スダルシャンクリア呼吸法など

症状によって色々な呼吸法を使いますが、

それよりも、まずは姿勢改善です。

姿勢が悪く呼吸が浅くては何をしても効果は半減してしまいます。

背筋を伸ばし、肋骨を広げ呼吸のしやすい体をつくりましょう。