呼吸が浅いと体の不調を引き起こす。

呼吸は生命を維持するうえで一番大切です。

脳に酸素が届かなければ数分で死んでしまいます。

その酸素を取り込むための呼吸が浅く小さくなっては

十分な酸素が体に行きわたらず、低酸素が長く続くと

内臓、筋肉、脳などの機能が低下して体がだるい、疲れ易い、

良く眠れないなど、いつの間にか体調不良を引き起こしてしまいます。

 

酸素を多く取り込むには姿勢が大切。

体を丸めていては肋骨(胸)が広がらず呼吸が浅くなります。

 

まずは肋骨(胸)を大きく広げる運動をしましょう。

バスタオルを円柱状に丸めて置きます。

その上に仰向けで寝て下さい。

その時にタオルは体に対して横にします。

両手を万歳にして、大きく深呼吸を5回。

タオルの位置は背中の下、真ん中、上の三か所くらい

順番に行って下さい。

背中が痛い時はタオルを小さく、慣れたら大きくしていきましょう。

 

自然に呼吸が大きくなれば

体の疲労や不調の回復が早まります。

出来れば「鼻呼吸」。

風邪をひきにくく、循環器も強くなります。