口呼吸から鼻呼吸へ! 意識して改善しましょう。

口呼吸からの改善方法は色々ありますが、

まず、意識して口を閉じて鼻呼吸にすることが大切です。

他には、歯が大丈夫ならばガムを噛むのも良いです。

ガムを噛んでいる時は鼻呼吸になりますが、

ガムは出来るだけキシリトール50%以上のものがいいみたいです。

口を閉じているには、それなりの筋肉が必要です。

そのための、運動は口を大きく動かす事です。

「あ」から「ん」までの五十音を大きく口を開け、おおげさに顔全体で言いましょう。

最後に舌を突き出して下さい。毎日続けると表情筋がしっかりしてきます。

表情筋を鍛えると、口を閉じるのが楽になるだけでなく

顔がむくみづらくなり、小顔にも近づけます。

口笛も良いでしょう、最近の子はあまり出来ない様ですが。

しかし、最初から頑張りすぎない、顎の痛い人は痛みの出ない範囲で行って下さい。

そしてお勧めは、夜寝る時の口テープです。

縦に一本貼って下さい。

サージカルテープなどの低刺激の物で、貼る前に手に2,3回貼ってからつけると良いでしょう。

最初は慣れないかもしれませんが、慣れてしまえば凄い効果が期待できます。

次回、夜の口テープの凄い効果です。