体のバランスを整えて維持するには「足の指」が重要!

体のバランスを維持するうえで重要になってくるのが「足の指」です。

他にも姿勢や体幹など、気にしなくてはいけない事が多々ありますが、

人が二足歩行している限り、土台となる足の着き方

特に足の指の使い方は重要になります。

 

人の足は立つこと、歩く事に特化して進化してきました。

無駄を取り除き、形を変えて今に至っていますが、

現代人は歩くのが少なくなったのか、靴の影響なのか

外反母趾、内反小指、浮き指などで足の指を

上手く使えなくなってしまっています。

その為に体の土台が不安定になり、上体のバランスが崩れやすく

歪みや痛み、病気を引き起こしている事も多いです。

 

疲れやすい、体調のすぐれない方、足の指を

チェックして見てはいかがですか。

足の5本の指がきちんと地に着いていれば

足のアーチも出来て、バランス感覚、運動能力も優れてきます。

日頃からの足先のトレーニングは、

体の機能を取り戻し、痛みの出ない体をつくってくれます。

 

ちなみに、足の小指(第5指)は日本人の半数以上が

本来3個の骨が有るはずなのに2個しかないそうです。

2個の人が進化している・・・?