コロナウイルスの情報を貰ったのでお伝えします。

医療機関に勤めている方からの対策情報です。

賛否両論ありますが、自己防衛が最重要です。

 

原文をそのまま紹介します。

今回のコロナウイルスは非常に熱に弱い事が分かりました。

耐熱性に乏しく、26~27℃の温度で殺傷します。

なので、より多くのお湯を飲んで下さい。

お湯を飲むことは、すべてのウイルスに効果的。冷たい物は禁物です。

2月末から3月末はウイルス感染が沢山発生します。

外出時にも暖かいお茶などをポットで持ち歩いて飲んで下さい。

ポットを持って出かけられない時は出先で熱い

お湯や白湯を調達して頻繁に飲むように。

国の対策が後手後手になっている今、個人それぞれが責任を持って行動し

これ以上広まらない様、くれぐれも気をつけて下さい。

補足カテキン入りのお茶と体温より熱いお風呂は有効です。

カテキンは抗ウイルス作用、お風呂は免疫力が高まります。

ただしヒートショックには注意して下さい。

それと、潜伏期間は27日と思っておいて下さい。

民間の研究機関(医科大学)及び海外(アメリカ)からの情報です。

福岡の医療機関(医科大学)の方は「検査していないだけで、日本全国に

広がっています」「今から検査が始まるので急激に人数が増えます。」

隣の人が感染していてもおかしくない状況みたいです。

 

 

この文面を批判する専門家もおりますが、

出来る事、有効だと思われる事はやるべきです。

特にお湯を飲む事、体を温める事は

コロナウイルスに関係なくとも免疫を上げるのに重要です。

過剰な情報を発信する方がおりますが、

各々が見極めていく必要があると思います。

あわてず、騒がず出来る事を確実にしましょう。

「泰然自若」僕の好きな言葉の一つです。