まだある、「鼻呼吸」で得られるもっと凄い効果 !!

鼻呼吸で睡眠の質が良くなる事は、前回話しましたが、

鼻呼吸には、他にも凄い効果が有ります。

例えば、体内に取り込める酸素量が増え、全身に効率よく酸素が行きわたる。

鼻呼吸での運動は、有酸素運動と同じ効果で、しかも疲労物質の乳酸を少なくできる。

心拍数を下げられる。一酸化窒素が生成され、気道や血管が広がる。など色々ありますが、

今回注目したいのは「一酸化窒素」です。

「一酸化窒素」は体内にあるすべての血管内で生成されています。

そして、鼻の粘膜からも常に放出されているそうです。

体内における「一酸化窒素」の効果として、動脈硬化の予防や脳卒中、脳梗塞の予防、

心筋梗塞、心臓発作の予防、コレステロールを減らし、血栓が出来にくくなるほか、

脳内では大脳皮質、海馬の長期増強があるとされ、

記憶力のアップや物忘れを防いでくれるので、痴ほうの予防になります。

また、体内の活性酸素を取り除く為、老化を防ぎ柔軟性を保つとされています。

この他にも、血圧調整、恒常性維持、神経伝達、免疫、呼吸機能などに

とても大切な役割を持っています。

あるノーベル賞の学者は

「一酸化窒素は人体に備わった防御機能であり、循環器系の病気をすべて防いでくれる」

と言っているほどです。

鼻呼吸で、一酸化窒素の吸収を増やし健康で元気な体をつくりましょう ♣

呼吸の話が続きました、最後にもう一つ「呼吸過多が病気の原因に」を次にします。