この時期にとって欲しい「ビタミンD」強い体をつくります。

日本人は「ビタミンD」が不足がちと言われています。

ビタミンDは小腸でカルシウムとリンを

吸収促進を助け神経、筋肉の働きを正常に保ち、

免疫の調整や粘膜、肌を強くするなど優れています。

 

不足すると免疫が下がり風邪をひきやすく、治りにくくなります。

小児では成長障害や姿勢が悪くなったり、足が曲がったり

くる病などにかかりやすくなります。

高齢者は骨粗しょう症になりやすく骨折のリスクが高まります。

 

この時期、新型コロナやインフルエンザ、風邪などから

体を守るためにはビタミンDも不可欠です。

日光に当たる機会に少ない人は意識して取りましょう。

 

ビタミンDの多く含まれる食材は、キノコ類、根菜類の他

サケ、マグロ、サバ、牛レバー、バター、チーズ、卵黄などです。

 

しかし、過剰摂取は禁物。

ビタミンDは脂溶性で摂りすぎると体に残ります

内臓にカルシウムの沈着や腎機能障害、食欲不振

神経興奮性の亢進などが現れます。

食品からでは心配ないのですが

サプリでの摂取は容量を守って下さい。