この時期だから、お風呂に浸かって夏バテ解消。

季節の変わり目のこの時期は

夏の暑さの疲れが出始めの時です。

 

暑さの疲れと、長時間のクーラーで

体力は落ちて、体を冷やしてしまい

内臓の機能は落ちています。

体温の調整がしづらく自律神経も乱れがちです。

 

食欲が無くなり、体が冷えて、疲れが抜けない、

やる気が出ない、などの体調不良が出てきます。

 

少しでも思い当たるのなら

こじらす前に対処しましょう。

 

この時期にお勧めなのが

「お風呂に浸かる」です。

 

本当は、夏に熱い時期からきちんと入ると

夏バテ防止になりますが、今からでも遅くありません。

 

40度位のお風呂でしっかり体を温めると

熱ショックタンパク質(ヒートショックプロテイン)が

増えて傷ついた細胞の修復や免疫を強化します。

そして、血行が良くなれば体の細胞に栄養が行きわたり

体は元気を取り戻していきます。

その他にもリラックス効果や血管を拡張させるので

一酸化窒素の分泌が良くなったり血圧も下がります。

 

だからお風呂で体を温めて内臓の機能アップ、

自律神経の働きを改善しましょう。