お正月太りのダイエット!  「必見」見逃さないで。

令和になって最初のお正月。

のんびり出来たでしょうか?

 

お餅やおせちの美味しい物を食べ過ぎて

体重が心配な方も多いいと思います。

今日は七草粥、これで胃腸を休めるのも良いのですが、

もっと本格的なやり方を紹介します。

 

食べ過ぎは、内臓の疲労と共に未消化物を増やしてしまいます。

未消化物は体に残ると色々な病気を引き起こしてしまいます。

世界三大伝統医学のなかでも特にインドのアーユルヴェーダでは

ドーシャを乱す最大の原因とされいます。

 

つまり、未消化物を排出し内臓の機能を上げていけば

自然と代謝も上がり、身体全体の機能も上がるはずです。

 

そこで、お勧めなのが「七合食」です。

あまり聞いた事は無いかもしれませんが、

玄米を10日間食べる食事療法です。

玄米に五穀米や麦などはプラスしても良いです。

 

食べる時にごま塩をかけて食べて良いのです。

その他の物はダメですが、水やお茶などは大丈夫です。

飽きたら、無添加の梅干しならいいでしょう。

玄米だけならお腹いっぱい食べもOK。

 

ただし、玄米を炊く時は17時間は浸して下さい。

時間を短くしたいのなら発芽玄米をおすすめします。

 

七合食は内臓の機能をリセットして、体の機能が上がっていきます。

そして、皆さん10日後には4キロから5キロ体重が減っている様です。

目的は、内臓のリセットです。

結果として体重も落とせます。

 

七合食については、長くなるのでネットで検索してみましょう。

合う人合わない人がいると思うので無理はしないで下さい。

分からなければ、いつでも聞いて下さいね。