お尻が固いと「腰痛」になるって知ってました。

腰痛の原因は色々ありますが

お尻が固くて腰痛になっている人、かなり多いです。

 

お尻の筋肉を「大臀筋(だいでんきん)」といいます。

大臀筋は、大臀筋、中臀筋、小臀筋と表層と深層に分かれていて、

体で一番大きく、質量の多い筋肉です。

大きいと言う事は、体を動かしたり、支えたりするときに

ほぼ使われています。

例えば、立っている時、歩く時、走る時、立ち上がる時、

階段を上る時、物を持ち上げる時、瞬発力を出す時など

「常に」と言っていいほど使われています。

つまり、それだけ使えば疲労し固くもなるはずです。

 

大臀筋は体を支える体幹筋で、骨盤後面に着くため

ここが固く働きが悪くなると、骨盤周囲に負担がかかり

腰痛を引き起こす事になります。

 

ではどう予防するか?

この時期まずは温めて下さい。

湯船に良くつかり、血行を良くしてストレッチ。

そして運動、お尻を突き出す様にする軽いスクワットで筋力アップ。

腰が痛くなる前に始めましょう!

まずは、腰痛になる前に予防しましょう!

お尻がしっかりすると、体は安定します。