「腱鞘炎」動かすと痛い指、無理に伸ばすとガクンと伸びる。

今回は「腱鞘炎」です。

腱鞘炎を患っている方はとても多いです。

指を動かすと痛い、曲がると指が伸びない、

物を持つとあたって痛いなどの症状がでます。

 

知っての通り、腱鞘炎は手や指の使いすぎによるものです。

多くは手のひら側の指の付け根に出来ますが

親指側の手首に出来たり、ばね指も腱鞘炎です。

ホルモンの関係で、産後の女性にもよく見られます。

 

痛みを取るにはどうするか。

もちろん安静が一番です。

腫れがあって炎症があれば冷やします。

しかし手はなかなか安静に出来ないのも事実。

 

なので簡単に動きを制限するには紙テープです。

紙テープを指の付け根に軽く巻いて下さい、

すると指の曲りが制限できます。

水仕事をしてもすぐに取り換えられます。

(ただしかぶれには注意です。)

こうすれば腱鞘の部分にかかる負担は激減です。

 

そして自分で出来る施術があります!

まず痛い指の付け根(手のひら側の押すと痛い所)の下、(手首の方)を

反対の手の親指の爪で軽く押します(痛い所は押さない)

爪で押したまま患側の手を握って開く、

押している爪を離して一度深呼吸。

これを10回やって下さい。早く治ります。

10回やってっその後手の握りが軽くなれば成功。

上手く出来なければ無理しないで下さい。