「肘の痛み」物が持てない、顔を洗うのも痛い。

ぶつけた覚えも無いし、捻った覚えもなければ、使いすぎから来る肘の痛みでしょう。

肘の痛みを訴える人は、年齢を問わず多いです。

使いすぎから来る肘の痛みは、最初は腕が張っている感じが続いたり。

夜寝る時に腕がだるく気になったりするようです。

そして、ある日突然、何かを持ち上げた時にズキンと肘に刺すような痛みが出ます。

産後の育児で、手首、肘に痛みの出るケースも多いです。

 

「肘の痛み」使いすぎから来る肘の痛みは、テニス肘、野球肘とも言われています。

肘の内側が痛くなる時と、肘の外側が痛くなる場合があります。

良く動かす方向、負担のかかっている筋肉によって痛みの出る場所が違ってきます。

内側が痛い場合、腕を内側に回したり、指や手首を曲げる方向に力が入ると痛みが出ます。

顔を洗ったり、手をついて立ち上がったり、トレーを持ったりなどです。

外側が痛くなる場合は、逆に腕を外側に回したり、

指や手を反らす方向に力が入ると痛くなります。

下から物を持ち上げたり、洗濯物を干したり、フライパンを振ったりなどです。

痛みの原因は使いすぎ。だだし、肘の使いすぎではなく

手の使いすぎによるものがほとんどです。

なので、安静が一番の治療ですが手はなかなか安静には出来ません。

 

だったらどうするか。

肘に腫れがあれば冷やして下さい。

腫れが無ければサポーターなどで肘周囲の筋肉を圧迫して負担を取り除いていきます。

(夜は軽めの圧迫にして下さい。)

筋肉を軽くマッサージするのも良いでしょう。

ビンなどの横の面で大きく上下に筋肉に沿って擦ってみましょう。

 

そして、手の痛みは動かし方で軽減できます。簡単です!

手首を固定するのもいいですが、痛みが出る使い方を覚え、

その使い方をしない事です。

「こうすると痛い」ならば、その動きを避けて下さい。

指先の細かい動きも肘に負担がかかります。

筆圧の強い人、長時間の書き物、パソコンのマウスも痛みの原因。

これが注意できれば痛みが無くなるはず、チャレンジして下さい!