「未病」のうちに解決できれば、体に痛みは出てこない。

なんとなく体が重い。なんとなくだるい。なんとなくすっきりしない。

この「なんとなく」に隠れているものが東洋医学では「未病」です。

 

病院で検査をしても悪い所が見つからない。

しかし、なんとなく体は重いし疲れが取れない。すっきりしない。

こんな症状が続いているのなら、「未病」を疑いましょう。

検査で現れる前の体の機能低下、病気と診断される前の病気。

筋肉や内臓の機能低下、血液、リンパの滞りなど、

これが「未病」です。

 

ではなぜ「未病」が起こるのか?

本来、人は夜寝ている間に前日の疲労を回復させて

翌日元気になっているのが理想です。

それが、日々のストレス、運動不足、冷えなどにより

体が「寝て回復」が出来なくなり、

徐々に疲労は蓄積され起こります。

 

それでは、未病をやっつけて体を回復させるには、

ストレス、運動不足、冷えなどの原因を取り除くのはもちろんですが

その為には、栄養を筋肉、内臓、神経(脳)に与えることです。

その栄養を送るのが血液!

血流を良くして体の隅積みまで「栄養と酸素」を送り回復の準備をしましょう。

まずは、血流改善。

そして原因を取り除く為の、強い体をつくりましょう。