「動脈硬化」はなぜ起こる?

「動脈硬化」という言葉はよく聞くと思います。

動脈硬化症になると脳梗塞、心筋梗塞、脳出血、

高血圧、腎機能低下など上げればきりありません。

 

動脈硬化は通常3つに分類されます。

 

アテローム性動脈硬化(粥状動脈硬化)

これが一般的な動脈硬化でコレステロールなど

脂肪からなるものが血管壁に付着して起こります。

 

細動脈硬化

高血圧症が長期にわたり続いて起こることが多い。

血管全体がもろくなり破れやすくなります。

 

中膜硬化(メンケベルク型硬化)

血中カルシウムが血管壁に付着して血管

特に中膜がもろくなり破れやすくなります。

 

これらの動脈硬化を防ぐには

食事、睡眠、運動が大切です。

生活習慣、同じことをしても

効果が上がる人、上がらない人に分かれます。

これは体質の違いです。

自分を見つめ直して頑張りましょう!

ソース画像を表示