「動脈硬化」が老化を早める! 生活習慣を見直してみよう。

動脈硬化は気が付かないうちに体を蝕んでいきます。

10代から始まり40代で症状が出始めると言われています。

老化を早めるのはもちろん、血管はもろくなり

血栓が出来やすく脳梗塞や心筋梗塞の原因になります。

 

動脈硬化の五大危険因子が有ります。

1、高血圧症

2、高脂血症

3、肥満

4、喫煙

5、糖尿病

この症状が重なるほど要注意です。

 

他にもストレス、運動不足、食生活の乱れ

毎日の飲酒、慢性的な睡眠不足

睡眠時無呼吸症候群、骨粗しょう症。

なども原因です。

 

しかしこれらは生活習慣病と言われているもので

普段の生活リズムを見直していけば

動脈硬化のリスクは軽減します。

今の自分の生活を振り返ってみるいい機会でしょう。

特に運動と食生活の改善がお勧めです。