「なんとなく不調」こんな未病も一酸化窒素で解決。

朝起きるのがつらい、頭がボーとする、疲れが取れない、

肩こり、冷え症、肌荒れ、胃もたれ、関節痛など、

なんかつらい、なんとなく元気が出ない、なんとなく不調、

こんな「未病」も血流を良くして血管を強くすれば改善されます。

 

まずは血管に与えるダメージを減らさなくてはいけません。

血管にダメージを与えるものは、喫煙、高血圧、脂質代謝異常、

高血糖、内臓脂肪型肥満などです。

これらは、食事や運動などで改善していく事ができます。

 

運動は前回書いたので食事です。

血管を拡張させ血流を良くするには

生姜やトウガラシの辛み成分が有効です。

 

血管を修復し血栓を予防したり、機能を改善するには

魚に多く含まれるEPAを取りましょう。

EPA(エイコサペンタエン酸)は

焼き魚は約20%、油で揚げると約50%も減少してしまいます。

なので、お刺身が1番、焼くならホイル焼がお勧めです。

魚が苦手ならフィッシュオイルのサプリでもいいです。

 

血圧を下げて血管の収縮を防いだり機能改善には

LTP(ラクトトリペプチド)、これはブルーチーズや

ゴーダチーズに含まれています。

ついでに骨も強くしてくれます。

 

そして、食べ方も注意しましょう。

最初に①野菜、次に②汁物、③タンパク質、最後に④炭水化物。

できれば食後20分~30分以内に運動をして下さい。

高血糖や中性脂肪の抑制にもなります。

 

最後に睡眠、睡眠中に血管は修復されていきます。

寝不足が続くと、必ずと言うほど血圧は上がります。

睡眠時間は、人それぞれですが

5時間から8時間が目安です。

多すぎても、少なすぎてもダメです。

昼寝はお勧め、15分~20分にして下さい。

 

血管が強くなれば一酸化窒素の分泌が良くなり

さらに血管は強くなり、血流が良くなれば

体のすみずみまで栄養が行きわたり

すべての機能がアップします。