Ⅳ、「梅雨」を乗り切る!(自律神経)

梅雨を乗り切る。-まとめー

食事、運動、睡眠、これらの対策は

すべて体の自律神経を整える為のものです。

 

この時期はちょうど季節の変わり目で

日々の温度や気圧の差が激しく

最近は異常気象も多く、

体には大きなストレスがかかっています。

すると、交感神経と副交感神経のバランスが乱れ

上手く自律神経の切り替えが出来なくなってしまいます。

 

梅雨に起こる気象病は、

体が重い、だるい、関節が痛い、頭痛、胃もたれ、

むくみ、冷え、のぼせ、血圧低下そして便秘など、

これらは、副交感神経が優位になり

体が機能していない状態です。

体を動かす時は交感神経、休む時は副交感神経に

うまくスイッチが切り変わらなくてはいけません。

 

それには、体にスイッチを押す力(エネルギー)が必要です。

食事、運動、睡眠は体のエネルギーを

作り出す為のものです。

梅雨は特に、そしてこれから先も大切です。

少しずつ頑張りましょう!